[本文はここから]

猪木参院議員:「UFOに緊急発進は?」予算委で質問

2015.04.01

猪木参院議員:「UFOに緊急発進は?」予算委で質問 日本を元気にする会のアントニオ猪木参院議員は1日の参院予算委員会集中審議でUFO(未確認飛行物体)を取り上げ、「考え方を変えれば何かが領空侵犯をしていることになる。今までに(自衛隊が)スクランブル(緊急発進)をかけたことはあるか」と質問した。

猪木氏はブラジルに住んでいた少年時代に「光ったものがすうっと地平線に消えた」という体験談も交えながら、しばしUFO論に熱弁を振るった。

これに対し、中谷元防衛相は「必要に応じて戦闘機を緊急発進させ、鳥など航空機以外の物体を発見することはある」と答弁したが、肝心のUFOについては「地球外から飛来したと思われる未確認飛行物体を発見した事例は承知していない」と否定した。政府は2007年に「UFOの存在を確認していない」という答弁書を出したことがある。

 

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

社会